« 2010-12-30 中国雑誌に登場した日本 | トップページ | 2011-01-02 ぶらぶら歩き »

2011-01-02 あけましておめでとうございます。

Apple Inc. の創業者 Steve Jobs の著名なスピーチから。

“Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma - which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of other's opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.”

時間は貴重です。他人の人生を生きて無駄遣いしないように。ドグマ(教条)にとらわれてはいけません。ドグマにとらわれるというのは、他人の考えから導き出された結果と共に生きていくことに他なりません。他人の意見という雑音が自分の内なる声を流し去ることがないように。

最も大切なのは自らの心と直感とに従う勇気を持つことです。心や直感は自分が本当は何になりたいかを不思議にもわかってしまっているのです。他のことはすべて「おまけ」です。


外国語学習には困難が多いためか、数多くの学習法が喧伝されています。Steve Jobs が言う dogma は外国語学習にたくさん見つかりますね。

先人が残した貴重な経験や学習材料の恩恵を最大限に生かす一方、「ドグマ」とらわれて「誰か他の人の学習生活」をすることがないようにしようと思います。

|

« 2010-12-30 中国雑誌に登場した日本 | トップページ | 2011-01-02 ぶらぶら歩き »

コメント

コメントありがとうございました。
中国語は、手ごわいですよね。
また訪問させていただきます。

投稿: MICHI0619 | 2011.01.03 08:34

明けましておめでとうございます。

語学学習法、いろいろですね・・・。私は海外での経験がメインのためか、実践を重視しすぎて、今となっては、朗読や暗唱、書き言葉をおろそかにしたかなという感じがしています。ラフに話すならずっと話せますが、報告書を出せと言われた時や会議での発言、会社の案内をしろ、スピーチをしてくれと言われた時に、非常に戸惑った経験があります。正式な場での慣用的表現、許される表現が分からない、というのも困りました。

外国語学習法と聞いて、「コミュニカティブ・アプローチ」と「オーディオ・リンガル」という外国語教授法を思い出しました。ご興味あったら、また調べてみてください。

投稿: zhongdao | 2011.01.03 23:11

MICHI0619さん、こんにちは。

新しい環境で飛躍の年になるといいですね。

投稿: Shira | 2011.01.04 21:44

zhongdaoさん、あけましておめでとうございます。

>「コミュニカティブ・アプローチ」と「オーディオ・リンガル」

一般向けの外国語学習の図書(白井教授か白畑教授の本)で見掛けた記憶があります。

大規模かつコントロールグループを確保して実験するのは困難なのでしょうけど、大学生が英語以外の外国語を習うときにでも各種教授法の比較ができればいいのに...と思っています。

投稿: Shira | 2011.01.04 22:17

Steve Jobsの言葉ステキですね。でも、私は心の声に従いすぎて食べ過ぎてしまいました。食べる事以外がおまけになっていた日もあったようです><

投稿: yuko | 2011.01.05 18:04

Shiraさま 遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。日本語を丁寧に教えていただいて、本当に感謝しています。
また、Shiraさまの勉強ぶりも人づてですが、時々小耳に挟んでおり、感心しております。
今年も有意義な交流が出来ればと願っております。是非また色々教えてください。どうぞよろしくお願いします。

投稿: why | 2011.01.05 22:18

whyさん、あけましておめでとうございます。

みごとな日本語の記事はいつも楽しみにしています。今年もよろしく。


「今年はもう少し中国語を集中的に学習しよう」
と思って、すでに6年以上...。

でもまあ、中学+高校で習った英語くらいにはたどりついたと思うので、気落ちせずに進んでいきたいと思います。

投稿: Shira | 2011.01.05 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/50468523

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-01-02 あけましておめでとうございます。:

« 2010-12-30 中国雑誌に登場した日本 | トップページ | 2011-01-02 ぶらぶら歩き »