« 2011-05-26 知らないとわからない | トップページ | 2011-06-04 筋肉の要素あり »

2011-05-30 声調・ピンインの基礎

中国語発音 基礎の基礎

初心者用の教材はたくさんあるのですが、当然すぎるためかあまり書いていないことがあります。あまり興味を引く内容ではないためでしょうか。

ピンインの学習を始める方に念のためお伝えしておきたいことを書いてみます。

1.声調
一声は高く、三声は低くといいますが、これは絶対的な周波数を決めているわけではありません(中国人の声域は皆同じなのですか?という疑問をお持ちの方がいらっしゃいました)。話す人それぞれの相対的な高さ(低さ)の変化で声調を作ります。ですから、Aさんの一声がBさんの三声くらいの高さということも起こりえます。

2.ピンインの文字
アルファベットを使いますが、「読み方」を覚えようとしないほうが早道かもしれません。まず「音」です。普通話の音をどうにかしてアルファベットで書き表そうとした結果がピンインです。ローマ字・英語・フランス語・ドイツ語などでの読み方とは関係ないという認識を出発点にしましょう。
ですから、
「 e はいろいろな音に変わる」
「 i の三通りの読みかた」
といった説明はウソとはいいませんが、適切ではないと思っています。ピンインを出発点にするのはまずい。音を出発点にして、それを書くときに「やむなく」「適当に」アルファベットを組み合わせたと思っておきましょう。

「yan の a は [e] のように発音する」
「 ci の i は yi の i と違う」
「weng の e は wen の e と違う」
「-ui にはわずかに e のような音が入る」
こんなことはとりあえず後回しにして、yan、ci、weng、wen、-ui といったがダイレクトにピンインから立ち上がってくるように練習するのが良いと思います。

言いたかったこと:
ピンインは書き表すためのシステム。たまたまアルファベットを使っていますが、% & $ # みたいなものだと割り切りましょう。

|

« 2011-05-26 知らないとわからない | トップページ | 2011-06-04 筋肉の要素あり »

コメント

こうして見るとビンインは欠陥だらけで、それならばいっそ、きっちりと音声学に準拠して表記と音声を完全一致させる表記体系を作り、中国人はともかくせめて外国人にはそれで勉強させるべきではないかと思いました。

投稿: akira | 2011.05.30 21:44

akiraさん、こんにちは。

ピンイン制定のときにはかなりもめたらしいですね。そのときには思いもよらなかったでしょうけど、後々に外国人がPCで入力するにはなかなか便利だと思います(特殊文字を使わない)。

akiraさんがおっしゃるようにピンインは整理がされているようでいて分かりづらいところも多いですね。o と uo とは同じでしょうし、chi と qi との母音部分に同じシンボルを充てたのもちょっと...。

投稿: Shira | 2011.05.31 23:38

確かにピンインは不完全だし、不便な所もあるでしょうね。ただ、私自身はピンインを知らないまま現地生活を始めて、「言葉」で中国語の発音を説明してくれる中国人もいなかったので、逆に言語学的な説明は目から鱗でした。耳で聞いた音を、聴解のセンスがないものが再現するのは大変でしたから。長城の「長」と「城」がどう違うのか中国人に聞いても分からなかったですし。黄瓜と言っても笑われる原因が分からなかったりしました。

あと、中国語教育はピンインの影響もありますが、中国独自に発展してきた言語学の影響も大きいと思います。こちらは音を理解するには時には邪魔かもしれませんが、文化や歴史を学ぶのに役立つと思います。

「音を聞いても再現できない」人が学習していくためのプロセスってのが分かればいいんですけどね。

投稿: acasia0411 | 2011.06.02 19:06

acasia0411さん、こんにちは。日本でのプロジェクトの進行具合はいかがでしょうか。

「音を聞いても再現できない」人がごく普通で、再現できる人は千人・万人に一人ではないかと思っています。

発音だけは声楽や楽器と同じで、師匠について稽古をつけてもらうしかないのかもしれません。ピアノやオペラは教室で教えませんし、本を読んでビデオを見ただけでは習得できません。

発音にはそういった「芸」の要素が多いように思うんです。


ピンインのおかげで音に名前がついたかのような安心感があります。無気音と有気音との対比を理解することなどはピンインのおかげで容易になったのではないでしょうか。

投稿: Shira | 2011.06.02 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/51801847

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-05-30 声調・ピンインの基礎:

« 2011-05-26 知らないとわからない | トップページ | 2011-06-04 筋肉の要素あり »