« 2011-06-04 筋肉の要素あり | トップページ | 2011-06-07 とりあえず言っておくのは… »

2011-06-04 ねじれ

おそらく…

私の普通話の発音は30年以上使ってきた英語よりもずっと「母語話者レベル」に近いように思います。たまたま良い指導者に恵まれただけですが…。

ただし。話の内容は幼稚園児(中国語)と大学生(英語)くらい違います。

言語学習って、学習の方法や実際に使った経験で実に様々な軌跡を描くものだと思います。

普通話の授業で指導者を困らせています。学習者もくやしさやら申し訳なさを感じます。

そういうときには「溝の口英会話サークル」でかつてからの仲間や新しい仲間と英語談義。さっきまで手の焼ける生徒だったのに、大先輩(年季だけですが)に変身です。

なんとなく元気が出て、
「やっぱりがんばろう」
と思ったことでした。

|

« 2011-06-04 筋肉の要素あり | トップページ | 2011-06-07 とりあえず言っておくのは… »

コメント

手の焼ける幼稚園児がいたっていいじゃないですか(笑)

ところで、私はこの記事でのShiraさんの自己評価がとても生々しいように思えました。

以前コメント欄に書かれていた、
 ・日本語:新幹線(270km/h)
 ・英語 :在来線快速(100km/h)
 ・中国語:路面電車(25km/h)
も、「うーむ、なるほどそういうものなのか。達人でも快速・・・」と強く印象に残りました。

私は、
 ・中国語:渋滞のタクシー(イライラkm/h)
のような感覚です(会話時)。

投稿: chstd | 2011.06.05 14:38

chstdさん、こんにちは。

在来線快速はちょっと速すぎかも、とも思いました。でも、新幹線に比べたら十分遅いからいいか、と。在来線普通と違ってなんとか目的地まで直通です。

渋滞のタクシー、いいですねぇ。ときどきぐっと流れたかと思うと詰まってしまったりして…。

投稿: Shira | 2011.06.05 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/51854181

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-06-04 ねじれ:

« 2011-06-04 筋肉の要素あり | トップページ | 2011-06-07 とりあえず言っておくのは… »