« 2011-05-30 声調・ピンインの基礎 | トップページ | 2011-06-04 ねじれ »

2011-06-04 筋肉の要素あり

中国語の発音をするときには日本語仕様の発声器官をそのまま使ったのでは無理があるようですね。

最近 ü の練習をしていますが、以前よりだいぶ自然でリッチな音(良く鳴る音)になってきました。唇の開口部がストローを通すくらいに丸くなる感覚(実際の開口部は横長の楕円型)に慣れてきたからだと思います。唇の両脇を「締め」ながらも空気は楽に外に出るように通気量を確保します。

以前は開口部の上下が狭すぎて(押しつぶされて)、同時に舌先が前に出すぎていたことがわかりました。それでは出てくる音はやせて苦しげなわけです。

|

« 2011-05-30 声調・ピンインの基礎 | トップページ | 2011-06-04 ねじれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/51847206

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-06-04 筋肉の要素あり:

« 2011-05-30 声調・ピンインの基礎 | トップページ | 2011-06-04 ねじれ »