« 2011-08-04 ブログ記事を読む | トップページ | 2011-08-06 確かに中国メディアは怒っている »

2011-08-05 無くて七癖(u)

中国語の u の音には悩みました。ウィズダム広東語学院で問題のある音を一つずつ矯正していったのですが、u だけはついに時間切れで宿題になってしまいました。

ちょっと思い違いをしていたのに気づいたのが最後から二番目の授業でした…。


舌を奥に引き、口腔内の下の方に置くのが中国語(というか、日本語以外の?)「ウ」系統の音の特徴と言ってよいと思います。舌の引き方に勘違いがありました。

以前に u を出すときの舌の構えを講師に見せてもらったことがあります。ぎゅっと縮こまって、「平ら」「先端がある」といった舌の想像図からかけ離れた姿に衝撃を受けました。
「舌が団子になっている!」

これをまねようとして、舌の先端を下方(自分の心臓の方向)に向けようとしていたのが良くなかったのです。わずかに(本当にほんのわずかに)口の中の形が変わって、純粋な u ではなくかすかに o のような「香り」が付いてしまうのです。それでも u 単独で出すときや ku や bu といった音ではさほど問題にならなかったのですが、tu では舌の運動量が多いこともあってうまくいきませんでした。

舌の先端を無理に下方に向けて舌を団子状にするのではなく、舌そのものを前後に短縮する感じが正しいようです。ラグビーボールのとがっている箇所がぎゅーんと引っ込んで、バスケットボールになる感じ…。実際には舌の付け根部分が舌を奥に引き込もうとする動きと相まってのことだと思います。

毎日少しずつ練習していたら、だいぶいい感じになってきました。中国語特有の強烈な u はブログ「中国語翻訳者のつぶやき」の2011-08-01記事「メディアの怒り」に明天会更美好さんが貼り付けてくれたニュース映像の男性アナウンサーから聞くことができます。5'44" あたりからの
「我们现在的中国的发展速度就跟动车、高铁一样令全世界羡慕。然而我们在满足速度追求的同时,」
の 速度 满足 は強烈だと思います。口先の突き出しも強いのが見て取れます。

|

« 2011-08-04 ブログ記事を読む | トップページ | 2011-08-06 確かに中国メディアは怒っている »

コメント

・「舌が団子になっている!」
・「舌の先端を無理に下方に向けて舌を団子状にするのではなく、舌そのものを前後に短縮する感じが正しいようです」

大変示唆に富むヒント、有難うございます。私も「o のような「香り」が付いている」とネイティブ老師に指摘され、これがなかなか治りません。"乌鸦"などwu単独の音の場合が特に難しいです。

投稿: shushu | 2011.08.06 11:48

shushuさん、こんにちは。

私と同じ悩みのようですね。中国語の u は日本語の「ウ」よりもちょっと暗くこもったような印象があるので、日本人学習者は口の中の容積を大きくして音を似せようとしてしまうようです(私がそうでした)。具体的には縮めた舌の上面が必要以上に凹面となったりしているようです。

口の容積を増やさずに中国語特有の「あの音」を出すには、私の場合以下の二点が友好でした。

1.下唇を取り巻く円周を意識して、そこを筋肉で締めるようにする。これは明治大加藤徹教授の「中国語発音学習教材」にある画像が大きなヒントになりました。下唇の周囲にキュッと輪ができています(「2-2 短母音」の模範発音動画)。

2.舌の先を後方に縮めると同時に舌の付け根を後ろに引く動作を合わせる…のではないかと(今のところは)思っています。

投稿: Shira | 2011.08.06 23:08

・「日本人学習者は口の中の容積を大きくして音を似せようとしてしまうようです」

これは確かにそうですね。私の"Oの香"の原因の一つもこれだと思います。有益な情報、有難うございました。

投稿: shushu | 2011.08.07 00:08

Shiraさん こんばんは!
日本人の方が中国語の「u」の音を出す時、よく見られる間違いは日本語の「う」を引きずる癖ですね。でも、Shiraさんは「Oの香りがする」とおっしゃるので、少し違うかもしれません。
Oの香りがするとすれば、唇の形にも原因があるのではないでしょうか。「u」の場合、舌に力を入れずに自然と伸ばして、唇に力を入れて、思いっきり尖らせるようにすぼめると、この音が出せると思いますが、普段あまり意識して発音しているわけではないので、説明に自信がありません。

投稿: why | 2011.08.07 20:02

whyさん、こんにちは。お忙しいところありがとうございます~。

はい、唇の形、大いに影響がありました。変えたら大先生に
「今日はだいぶいいですね」
と言っていただけました。

中国人で模範的な発音をしている人でも、口の形や口腔内で起こっていることはさまざまではないかと思います。それでも違和感を全く感じさせない音を出しているのが不思議です(日本語でももそうですが)。

練習しておきますので、こんどぜひ聞いてみてください…。

投稿: Shira | 2011.08.08 12:56

Shiraさん おはようございます!
そうですね。中国人でも完璧な標準語が身に付いている人はほんの一握りですよね。参考にしたければ、CCTVのニュースキャスターが一番信用できるでしょう。発音をひとつ間違えるたびに罰金を取られるそうです。
上質なドラマも安心して聴けると思います。陳道明さんを始め、名のある俳優さんたちはだいたい発音がきれいですね。
正確に発音していれば、口の形も口腔内で起こっていること(空気の流れや舌の動き)は誰が発音しても同じだと思いますよ。それでも一人ひとり喋り方に特徴が現れるのは、抑揚や緩急などメリハリのつけ方、間というか、呼吸の入れ方が異なるからではないでしょうか。

投稿: why | 2011.08.09 09:03

whyさん、こんにちは。
陳道明を聞いてみました。いいですね。
YouTube 「陈道明访谈 10」では映画についてかなり骨のある意見を述べていました。

外から見るとそれほど口の周囲の運動量が大きくないようですが、それでもはっきりと発音できているのは口の中がきちんと中国語の音を出すように準備されているからなのだろうと思います(英語でも日本語でも、明瞭に話すアナウンサーだからといって口が大きく動くとは限らないのと同様ですね)。

投稿: Shira | 2011.08.09 23:07

>練習しておきますので、こんどぜひ聞いてみてください…。

はい!そのうち音声対決でも…あっ、まずい!逃げようっと。

投稿: why | 2011.08.10 09:32

>対決
それでは、お昼にうなぎ、お茶にしょうゆせんべいで歓迎しますよ!
遅くなったら夜食にラーメンね!

投稿: Shira | 2011.08.10 09:37

アハハ、そ、それは、饅頭より怖い!濃いお茶よりも怖いよ~!

投稿: why | 2011.08.10 19:05

whyさんが猫一匹くらい脱いだようで好事啊。

投稿: Shira | 2011.08.10 21:32

bleah
shiraさん、whyさん、こんにちは。と、仲がよいところで、割り込んでしまいとても恐縮なのですが、そのお二人の仲のよさげなことによって、最近のわたしの中国語へもたらしている影響がとてもおおきいのだなあ。と、shiraさんには、何のことだかあまりわからないかもしれないことを書きつつ、お二人には感謝感謝、多谢!punch

投稿: hanyu | 2011.08.11 21:12

hanyuさん、こんにちは。

感謝していただいたということは、
>影響がとてもおおきい
のは良い方向に、ということと理解してよろしいのでしょうか。

とりあえず、一安心~。

投稿: Shira | 2011.08.11 23:34

shiraさん、こんにちは。
感謝しているという意味はですね。
たぶん、しょうゆせんべいの会が開かれれば、わかるのかもしれません。
あ、すいません。あまり気にしないでください。清別介意~。

投稿: hanyu | 2011.08.12 12:43

>あ、すいません。あまり気にしないでください。清別介意~。

はい、了解です~。

投稿: Shira | 2011.08.12 12:52

>whyさんが猫一匹くらい脱いだようで
大丈夫!猫の二、三匹被っていますので、わたし、脱いでもすごいんです。

>しょうゆせんべいの会が開かれれば
それはそれは…醤油せんべいと聞くだけで卒倒して、会場に辿りつけないかもしれません。

Hanyuさん、勝手ながら、Hanyuさんのこともお友達の一人だと思っていますので、末永くよろしくお願いします。

投稿: why | 2011.08.13 19:02

看到why老师这几天留下的言,我才知道什么是”绝妙好词“。

投稿: Shira | 2011.08.13 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/52400317

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-08-05 無くて七癖(u):

« 2011-08-04 ブログ記事を読む | トップページ | 2011-08-06 確かに中国メディアは怒っている »