« 2011-10-31 外国語での作文・発話 | トップページ | 2011-11-01 個人教授の必要性(発音) »

2011-10-31 聞き続ける耐性?

現在取り組んでいる教材は
・「中级汉语听说教程」
・「日本人の誤りやすい中国語表現300例」
・ドラマ「中国式离婚」
です。

「中级汉语听说教程」はじっくり聞いてみようと思い、一ヶ月に一課進めることにしました。二つある本文から一つを選んで累計で300回聞くことにしています(他の本文・会話文は100回程度)。

一週間(50~70回)の練習でほぼ記憶して録音と同時に(かぶせて)言えるようになります。ところが、200回を過ぎると50~70回で記憶していたのはけっこう無理があったことに気づきます。200回を超えると何かが違ってくる気がします。記憶しようとして記憶するのではなく、もっと自然に聞けて話せるようになるような…。

以前は30分以上続けて聞くと疲れてしまってイヤフォンを外していたのですが、最近は1時間半くらいならずっと聞いていられるようになりました。中国語を聞くのに慣れたということでしょうか。耳栓型のイヤフォンなので音量を低くしたままにできるのも助かります。

|

« 2011-10-31 外国語での作文・発話 | トップページ | 2011-11-01 個人教授の必要性(発音) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/53130801

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-10-31 聞き続ける耐性?:

« 2011-10-31 外国語での作文・発話 | トップページ | 2011-11-01 個人教授の必要性(発音) »