« 2011-11-21 一文字違わず | トップページ | 2011-11-26 俳優魂発音法--英語版 »

2011-11-23 映画を見ました(あの子を探して)

DVDを買って3年ほど放置していた"一个都不能少"(あの子を探して)を見ました。

この作品は中国語の学習にはあまり向いていないのかもしれません。映画としてはすばらしい出来ですね。監督の张艺谋は「金がなくて学校に行けない子がたくさんいる」というメッセージを見事な芸術作品に仕立てました。これでは西側の評論家はイチコロだったと思います(1999年ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞作品)。

主人公は代用教員の女の子なのですが、影の主役は「お金」ではないでしょうか。ありとあらゆる場面で金銭が話題になります。代用教員の女の子が必死に迷子の小学生を捜すのもお金のため…。

映画が終わって配役が映し出されて「やられた」と思った方も多かったのではないでしょうか。出演者のほとんどは実際に映画の役と同じことをしている人たちでした。


貧しさと教育というと、「希望工程」の写真を思い出します。この少女はこの写真を撮られるときに生まれて初めてカメラを見たということです。

|

« 2011-11-21 一文字違わず | トップページ | 2011-11-26 俳優魂発音法--英語版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/53318767

この記事へのトラックバック一覧です: 2011-11-23 映画を見ました(あの子を探して):

« 2011-11-21 一文字違わず | トップページ | 2011-11-26 俳優魂発音法--英語版 »