« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の13件の記事

2011-11-27 女優魂発音法(Helen Mirren)

Like good wines...

1975


同じ番組、同じ司会です…
2007

※ 「女優魂発音法」「女優魂発声法」 (c) hanyu07 さん・xiaoq さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-26 俳優魂発音法--英語版

楽しい記事でいっぱいの xiaoqブログ「香炉待薫記」で「女優魂発音法」という楽しい命名を見つけました。

これは良いですね。

昔英語でよくやっていました。私の永遠のスター Bob Edwards 、しびれます。


今回は英国俳優の声を探していたらすばらしいのがありました。

Jeremy Irons 萌え~

John Hurt 萌え~


音声教材としてのご紹介です。内容に賛同する・しないは聴視する方の判断です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-23 映画を見ました(あの子を探して)

DVDを買って3年ほど放置していた"一个都不能少"(あの子を探して)を見ました。

この作品は中国語の学習にはあまり向いていないのかもしれません。映画としてはすばらしい出来ですね。監督の张艺谋は「金がなくて学校に行けない子がたくさんいる」というメッセージを見事な芸術作品に仕立てました。これでは西側の評論家はイチコロだったと思います(1999年ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞作品)。

主人公は代用教員の女の子なのですが、影の主役は「お金」ではないでしょうか。ありとあらゆる場面で金銭が話題になります。代用教員の女の子が必死に迷子の小学生を捜すのもお金のため…。

映画が終わって配役が映し出されて「やられた」と思った方も多かったのではないでしょうか。出演者のほとんどは実際に映画の役と同じことをしている人たちでした。


貧しさと教育というと、「希望工程」の写真を思い出します。この少女はこの写真を撮られるときに生まれて初めてカメラを見たということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-21 一文字違わず

朝のカフェで「日本人の誤りやすい中国語表現300例」の例題を解いています。

ちょっとした作文ですが、回答例と一文字も違わずぴったり同じに仕上がることが多いですね。「会」や「更」、「就」などが回答例と一致するとちょっとうれしい。出題が「~なので」とあっても中国語では接続詞を使うことは日本語ほど多くないのですが、これもたいてい大丈夫です。

中国出版の教材を中心に、「フツーこう言うよね」という表現を繰り返して練習してきたからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-20 ドラマ「中国式離婚」見終わりました

ドラマ「中国式離婚」を見終わりました。やや強引な展開はありますが、荒唐無稽と言うほどではないので「見る気」を持続したまま最後までたどりつけます。

会話の材料としてはとても優れていると思います。特に全23集の最後の2集では心情をゆっくり吐露する語りが多く、中国語での話の展開や間合いの取り方がわかります。癖のない普通話でありながら内心を反映した自然な語りなので、手本にするのにとてもいいですね。

音声を編集してしばらくの間携帯しようと思います。

次はもちろん「潜伏」です~。さきほど注文しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-11-15 中国テレビ世代の常識?

morimichaさんが高く評価していたので使い始めた「中级汉语听说教程」に取り組んでいます。

ときどき辞書に出ていない語句が出てくるのですが、調べてみると流行語だったりするのですね。

息子が母親に学校の友達と旅行するお金をねだる場面で
「能做您的儿子我真是太幸运了」
「世上只有妈妈好,有妈的孩子像个宝」
とおだてる場面がありますが、後半の文句は広く知られた童謡なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-14 例文がおもしろい「300例」

「日本人の誤りやすい中国語表現300例」の例文は北京語言大学の先生方が選んでいるのですが、ときどき興味深いものがあります。

先日紹介した
「鬼のようなむごい関さんは妻をすてた」
「南方人も国を愛する中国人である」
に続き、こんどは

Shangbuliao

「上不了学」は家が貧しいとか身分が低いとかの理由により学校に行けないことを指す。

うーん、清朝のころの文を読むときの話を念頭に置いたのだとは思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-12 聞き取り(英語)

中学生に聞き取りの課題を出しました。材料は Oxford Reading Tree の Stage 5 です。
文法や単語は易しすぎるくらいですが、日本の教科書に出てこない自然な表現もいくつかありますね。

注意深く聞いたようで、かなり正確に聞き取れていました。書き取りだと正否がはっきり分かるので熱心になるためか、私の期待を上回る出来でした。

ところどころ「虫食い」がありますが、そこに共通点があるのに気づきます。簡単な単語なのに書き取れずに空白を残しています。空白を残すのだから、何か音があるのは認識しているんですね…。

虫食いの箇所は
1.Come and see! の and
2.good old Gran (grandmother)! の old
3.They took Gran's things. の took
でした。

1・2は強勢がない部分で、and の d、old の d は次の音に連結(融合)気味です。母語話者だとどんなにゆっくり読んでもそうなります。中学の教科書で A-N-D や O-L-D とカタカナ的に発音していると聞き取れなくなるのですね。

3.は k の次が子音で k の破裂が弱くなるので「トゥック」を期待していると肩すかしです。

こうした英語特有の音の連結は早いうちに手当したほうがいいかも、と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-11-12 ほどよい分量

学習書は、半分くらいまで進むと
「イケそう」
「これに取り組んで良かった」
と思うな…。

Pages


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-11-06 キヤノン Z900 2012年春発売予定

過去二度にわたって発売期日を延ばしてきたキヤノンの Z900 の発売時期がそろそろ固まったようです。Amazon.co.jp は 2012年3月発売として予約を受け付けていますね。

キヤノンのサイトでは3月と明言はしていませんが。春に売り出すと書いています。

ソフトウェア開発の遅延が原因とのことですね。機会損失は相当のものになったはずです。ソフトウェア開発に従事した人なら
「あー、こういうのは大変なんだよなあ」
と思うでしょうね。

どんな商品でも発売するには社内の基準を満たしてからなのでしょうけど、複雑になるいっぽうの電子辞書はスマートフォンなどのようにシステムソフトの更新を可能にする必要がありそうですね。完全なソフトウェアが仕上がる日は永遠に来ないので、不具合対応の訂正プログラムを随時配布するほうが利用者にとっても便利な気がします。

私の個人的な感覚だと、発売してからしばらくしてから新しい製造ロットの個体を手に入れたほうが安心かもしれません。でも、数量が出る商品ではないので、おそらく一ロットの出荷で終わりなのかも…。


ちなみに、趣味で乗っているスクーターは過去に2回のリコール(安全性に重大な障害が生じる可能性の対策)、1回のサービスキャンペーン(メーカー任意の改善)を経ています。まあ、こんなものだと割り切って使うのが精神安定に良いですね。

リコール、以外に多いんですよ。

トヨタ リコール・改善対策情報
日産 リコール関連情報

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011-11-06 ドラマ注文

中国の映画を2本注文しました。

連続ドラマも楽しいのですが、30~40の放送回数分ですからせりふもたくさん。学習材料にしようとするとあちこち目移りしてしまいます(気にせず好きな部分を取り出せば良いだけのことなのですが…)。

映画だと興味を持った箇所を冒頭から切り出していっても学習材料になるのは音声の正味で30分くらいでしょうから、数分きざみにしてMP3プレーヤに入れれば消化のめどが立ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-11-03 餃子は日本にやってきて…

久しぶりに二輪車で静岡県浜松市北部に出かけました。

浜松は宇都宮に次いで餃子による「町興し」が盛んなようです。実際、街道沿いにも餃子専門店がたくさんありました。

さて、帰りの東名高速道路の愛鷹(あしたか)パーキングエリア。

Dscf1901

ちょっと気になりましたが、昼食から時間が経っていなかったので今回は食べませんでした。「召し上げれません」としているのは、ひょっとして中国現地風にしたかったとか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011-11-01 個人教授の必要性(発音)

発音の練習で最も成果があったのがウィズダム外国語学院で個人授業を受けた時期でした。授業料は安くないのですが、確実に成果が出るので正当化できると思っています(他の教室や教材にもっと費用をかけても同様の成果は得られないので)。

発音に関しての教材はずいぶん出回るようになり、良質な物も多いと思います。ただ、超えられない限界があるのはしかたがないところですね。それは

学習者の癖・弱点・長所は人それぞれ

ということです。

楽器や声楽を優れた教師に付いて習った人なら以下に引用するウィズダム外国語学院サイトの記事に共感するのではないかと思います。

聞かせるモデル発音自体も、学習者一人一人に合わせて変えなければならない場合が少なくありません。「そんな馬鹿な!正しい発音は只一つで、相手によって変えるなんて、そんないい加減な教え方じゃ駄目に決まっている」って思う人が多いでしょうね。簡単な例え話をしましょう。右のほうに曲がった癖の付いた竹の棒を真直ぐにしようとしたら、曲がったものを只真直ぐに伸ばしただけでは、また右に曲がってしまいますから、左に曲げてやる必要があります。しかし、左に曲がった癖の付いた竹棒を真直ぐにしようとすれば、逆に右に曲げてやる必要があります。学習者に聞かせるモデル発音も同じことなのです。これも市販の発音教材にはやりようのないことです。

正しい音を聞いて練習して発音が正しくなるとしたら、良い発音教材が出回り、ドラマもたくさん見ることができるようになってから15年にもなる英語では多くの人が相手に負担をかけない発音で話しているはずですが、現実はどうもそうではないですね(いや、実際には相当ひどい…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »