« 2012-03-03 おそらくもっともたいせつなこと | トップページ | 2012-03-07 リンク追加 »

2012-03-06 まずい。英語の発音をなんとかしないと。

英語の音声を聞いてシャドウィングをしたら、自分の音声がひどかった話を書きました(2012-02-26)。

速度の面では余裕をもって追い付いている気がしたのですが、あわてていて音が「鳴りきっていない」のが主な原因のようです。原稿をゆっくり読むとずっとまともになりました。

しかし、シャドウィングしているときに音をしっかり出していない自覚がないのには困ったものです。音の出し方がしっかり身についていないから正しい音を出すために自分の耳で聞く必要があるのでしょう。

信頼できる師匠に稽古をつけてもらわないといけません。仕事で通訳の必要がありそうなので、相手が安心して聞ける「商品」として最低限の音は出さないと…。

|

« 2012-03-03 おそらくもっともたいせつなこと | トップページ | 2012-03-07 リンク追加 »

コメント

いよいよ師匠の登場ですか。
どんな変化が訪れるのか、レポートを楽しみにしています。

投稿: れんもく | 2012.03.06 21:55

れんもくさん、こんにちは。

師匠のところに行けると良いのですが、まだ決心していないんですよ。時間とお金とが…。

投稿: Shira | 2012.03.07 12:52

Shiraさんの師匠はどんな方なのだろうといろいろ想像してみました。きっとすごい方なんですよね。仕事で通訳はしたことはないので、そういう方々を私は神と呼びたいです。

投稿: yuko | 2012.03.11 12:25

yukoさん、こんにちは。

すごい人ですよ。無形重要文化財みたいな。でも、暖かくて誠実で、意気に感じるところもあります。中国語の発音指導を受けて本当にいろいろと発見がありました。

英語もこの先生に習わないとなー、と思っているんですが…。

広東語・中国語・英語を教えるって、どんな先生なんだといぶかる方もいらっしゃると思うんですが、「音声」を教える特異な才能がある先生です。人間が出す音ならなんでも教えることができそうです。

「この音はこうして出すものだ」
と示してくれる先生や教材は多いのですが、
「あなたは口の中や息がああなってこうなってるから狙った音が出ていない。こんなふうにしてみては」
と言って、辛抱強くいろいろと試してくれるのはこの先生くらいではないでしょうか。発音の問題は本当に学習者それぞれで、正しい音を出すために必要な処方もずいぶん違うもことを目の当たりにしました。

投稿: Shira | 2012.03.13 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12069/54157203

この記事へのトラックバック一覧です: 2012-03-06 まずい。英語の発音をなんとかしないと。:

« 2012-03-03 おそらくもっともたいせつなこと | トップページ | 2012-03-07 リンク追加 »